イメージ画像

グリスリンとは

グリスリン

「グリスリン」という成分があることを、ご存じでしょうか? グリスリンはマイタケから摂られる天然の成分であり、主にタンパク質によって構成をされています。

化粧品によく使われている「グリセリン」と名前が似ており間違えやすいのですが、全くの別物です。 グリスリンには、糖尿病やメタボリックシンドロームといった生活習慣病を改善する効果があります。

またグリスリンは天然の成分なので、副作用の心配がないことも大きなメリットとなっています。 さらにグリスリンは近年の研究により、不妊改善効果があることも判明しています。 今、非常に注目をされている成分です。

グリスリンと不妊治療

グリスリンには不妊治療効果があるということが判明し、そのため不妊治療専門クリニックでも積極的に使用されています。 不妊の女性は、多嚢胞性卵巣(PCOS)という症状を患っているケースが多いです。

この多嚢胞性卵巣を改善することに、グリスリンは効果を発揮すると考えられています。 多嚢胞性卵巣の多くは、インスリン抵抗性がその引き金になっていると言われています。 グリスリンには、インスリン抵抗性を改善する働きが認められています。

現在までの所、多嚢胞性卵巣に悩める多くの女性がグリスリンを服用して効果を実感しているようです。 基本的に服用をするだけですから、続けることも容易です。

グリスリンと多嚢胞性卵巣(PCOS)

多嚢胞性卵巣の多くは、インスリン抵抗性によって発症すると考えられています。 ではそもそもインスリンとは、一体何なのでしょう? インスリンとはホルモンの一種で、食べ物から得た糖分をエネルギーとして体内に取り込む働きがあります。

インスリンのこの働きによって、体内の血糖値を下げることができます。 血糖値を上げる働きを持つホルモンは数あれど、下げる働きを持つホルモンはインスリンのみです。 糖や脂質の代謝に大きく関わる重要なホルモンなのです。

インスリン抵抗性とは、インスリンが標的となる細胞に効果が現れにくい状態になっていることを指します。 卵巣や子宮といった排卵に関わる臓器がインスリン抵抗性になってしまうと、臓器機能が低下をして卵の発育に支障をきたすことになります。

グリスリンには、この厄介なインスリン抵抗性を改善させる働きがあるのです。 それはすなわち多嚢胞性卵巣の改善となり、それによって不妊症状の改善へとつながります。 そのため、グリスリンは不妊治療クリニックで使用されているのです。

グリスリン

多嚢胞性卵巣(PCOS)とは

多嚢胞性卵巣について、もう少し詳しくご説明したいと思います。 その前にまずは排卵の仕組みについて。 卵巣の中では、卵細胞とともにそれ覆う卵胞という袋が作られます。

この卵胞が破裂することにより卵細胞が排出される・・・それが排卵となります。 排卵の期間は大体月に1回程度です。 ですが多嚢胞性卵巣になってしまうと、卵胞が破裂をせずに卵巣内にどんどん溜まっていくことになります。 その結果どうなるのかというと、排卵がうまくできず妊娠不全や月経異常といった症状を引き起こしてしまうのです。

この多嚢胞性卵巣を改善するには、いくつかの方法が挙げられます。 インスリン抵抗性に効く薬や排卵誘発効果のある薬の使用、腹腔鏡を使った下卵巣焼灼術などです。

多嚢胞性卵巣の症状

多嚢胞性卵巣の症状には、排卵が起こりにくくなることによる不妊や月経不順が挙げられます。 またその他にも、男性ホルモン増加によるにきびや多毛といった美容への影響があります。

肥満になることも考えられますので、たとえ妊娠を望んでいなくても注意が必要です。

多嚢胞性卵巣の原因

多嚢胞性卵巣の原因は、はっきりと解明をされているわけではありません。 これまでの所は、ホルモンバランスの乱れや糖代謝の異常が考えられています。

これらは食生活の乱れやストレス増加、睡眠不足などから発生します。 規則正しい生活をし、食生活の偏りをなくすことが多嚢胞性卵巣だけではなくさまざまな病気への予防へとつながります。

まとめ

妊娠不全の原因となる多嚢胞性卵巣(PCOS)。

その多嚢胞性卵巣を発症している方は、インスリン抵抗性である場合が多いです。 インスリン抵抗性は、グリスリンによって改善することができます。

グリスリンの入手方法はというと、不妊改善クリニックで処方をしてもうらことができます。 またインターネットによる通信販売でもグリスリンのサプリメントを入手することができますので、不妊や生理不順にお悩みの方は購入を検討してみてはいかがでしょうか。

ネット通販なら外に出なくても商品が届くので、手間要らずです。 最後に注意点を二つ。

グリスリンは天然成分のため副作用の心配はないと思われますが、もしも体調が悪くなった場合は使用を止めて病院に行きましょう。 また購入の際には間違ってグリ「セ」リンをを買わないように、くれぐれもお気をつけください。

グリスリン

このページの先頭へ